0%

TRAILER

    PICK UP

    • world gym

    COMMENT

    感動の絶賛コメント続々!! 令和の初泣きは『泣くな赤鬼』

    ※ 敬称略・順不同

    子が親より先に亡くなるというのは最大の親不孝というのが世の常だが、教師にとって、教え子に先立たれるのも同じこと。
    野球、教師と生徒、男と男…それを見事に表現した、心に染み入る作品だと思う。
    野球を愛する者、全ての方に見てもらいたい。

    江夏 豊(野球評論家)

    本当に熱い映画です!
    僕自身も野球から様々なことを学び、失敗も重ねながら人生を生き、人生に活かしてきました。その大切さを改めて強く感じました。甲子園を目指したあの頃の情熱、この映画から皆さんにも感じて頂きたいです。

    桑田真澄(野球評論家)

    赤鬼の思い、ゴルゴの思い…、いろんな人間の感情が入り混じった、深い意味のある映画。人間は十人十色。
    様々な人間模様、人間関係があり、どう理解して、自分ならどう接するべきか、その難しさを強く思い知らされました。
    きっと多くの事を感じさせられることと思います。

    川崎憲次郎(野球解説者)

    子供の頃から甲子園を目指して、プロ野球に入り、一生懸命野球をやり続けたこと、その全てが僕にとっては“青春”です。
    映画『泣くな赤鬼』をご覧頂いて、そんな青春と、感動と情熱を感じて頂きたいです!

    仁志敏久(野球解説者)

    挫折しそうな時もあったけれど、高校3年生の最後にピッチャーをやらせてもらったことが、今に繋がっています。
    悔いのないように生きたい、そう感じさせてくれる作品でした。皆さんにも、赤鬼先生と球児たちから熱いパワーを感じとって頂きたいです!

    上原浩治(読売ジャイアンツ 投手)

    わだかまりのあった赤鬼先生と元教え子のゴルゴが、時を経てわかりあえるようになっていく。ゴルゴは、人生の最期を悔いのないように終えることができたと思う。
    せつないけれど、心が救われる素晴らしい映画でした。ラスト、涙なくしては観られません。

    三田紀房(「ドラゴン桜」漫画家)

    どれだけ人間というものは、他人との出会いを何気なくやり過ごしているのか?ということを痛切に感じさせてくれる映画だ!! 魂で向き合えば、奇蹟は起こるに違いない。堤と柳楽は凄い!!

    吉田照美(フリーアナウンサー、タレント)

    10年に一度「泣ける野球映画」が来るという法則は当たってる。現在と過去が交錯し、誰もが恩師の顔を思い浮かべながら、自分の赤鬼に涙した。

    有村 昆(映画コメンテーター)

    鬼泣き必至!期待&感想投稿キャンペーン

    #泣くな赤鬼 #鬼泣き